<季節の変わり目に、クコの実で薬膳アレンジティー>

こんにちは、ティーインストラクターの前田あゆみです。

9月も後半になり、秋らしくなってきましたが、
秋の長雨、といわれるように雨の日が多くて
すっきりとした秋晴れがなかなかみられませんね。

こんな季節の変わり目には、体調を崩しがち。
溜まっていた夏の疲れが一気に出てくるんですよね~。

そこで、私が最近紅茶に加えているものは「クコの実」。
そう、よく杏仁豆腐の上にのっているあの赤い実です。
代謝を高めて、冷えやむくみを予防したり、
ビタミンCもすごく豊富で、夏に出来たシミにも効果がありそう。

ティーバッグと乾燥クコの実をカップに入れ、
お湯を注いで一緒に蒸らします。

写真はAHMAD TEAセイロンを使って淹れたもの。
クコの実は漢方にもよく使われるので、
何となくそのイメージで、中国茶用の「蓋碗」という器を使いました。
お茶を飲んだ後は、そのままクコの実も食べちゃいます。
ぷっくりとやわらかくなって、食べやすくなってるんですよ。

ただし、このクコの実、注意する点もあります。
色々な効能が含まれるスーパーフードなのですが、
その中に含まれている「ベタイン」という成分によって
妊婦さんと授乳中のママは、摂取を避けた方が良いとのこと。
この点は十分に気を付けてくださいね。

*関連レシピは「アレンジティーレシピ」のページで紹介しています。


*今回のティータイムフレーバーはこちら*

アーマッドティー セイロン リーフティー100g/200g、ティーバッグ20P