<読書の秋は紅茶と一緒に>
  
こんにちは。
今年は紅葉が例年より早かったようですね。
秋晴れに誘われて紅葉狩りにいったのですが、、
上を見るより下を見て歩いた、という感じでした。
 
さて、芸術の秋、食欲の秋~ときて、今回は「読書の秋」です。
ノーベル文学上受賞で一躍有名になったカズオ・イシグロ
氏の著書の中の一つである「日の名残り」
実は随分前に映画は見ていましたが、本は未読のままでした。
 
大邸宅ダーリントン邸で長い間執事の職を全うしてきた
執事長スティーブンスが、自分の人生を回想する形で語る中に
日が落ちる前の輝きを見せる英国の伝統的な階級社会や
イギリスの美しい田園風景が描かれています。
 
映画で出てきた豪華な銀器や、紅茶のシーン、
本の中では、その様子は詳しくはみられないのですが、
しっとりと静かな奥深い筆致で読書の秋にぴったり、
 
本にあわせて、伝統的なイギリスのミルクティーが飲みたい!!
AHMAD TEAイングリッシュブレックファーストで
たっぷりとミルクティーを淹れて、
秋の夜長、読書に耽ってみるのも良いですね。
 



*今回のティータイムフレーバーはこちら*
アーマッドティー イングリッシュブレックファースト ティーバッグ 20袋