<秋のこだわりロイヤルミルクティー>

     
こんにちは、ティーインストラクターの前田あゆみです。

朝晩の空気がひんやりしてきました。
秋がやってきたな~と感じます。
こんな時、しっかりコクのあるミルクティーが飲みたくなります。

せっかくだから、こだわりのロイヤルミルクティーに挑戦。
どこがこだわりかというと、牛乳がちがうんです。

一般的に売られているホルスタインの高温殺菌のものではなくて、
イギリスでよく見られるジャージー種の牛から絞ったミルク。
低温でゆっくりと温めながら殺菌したものです。

しかも、均質化していないノンホモジナイズドだから、
ふたを開けるとクリームがうかんでいます。
脂肪分は5%!!一般の牛乳の平均が3.5%だから、
数字を比べるとかなり濃厚なのかな~と思いましたが、
そのまま飲んでみると、全然べたつかず、意外にあっさり。
でもコクがあって、ほんのり甘くて優しい味。

思わず、美味しい~~!!と声に出してしまうほど!
さあこの牛乳を使ってロイヤルミルクティーを作っていきます。

といっても、気を付けるのは、火加減くらい。
まずは、ミルクティーに最適な
アーマッドティー イングリッシュブレックファーストの茶葉に
熱湯(←ここがポイント!)をかけて、蒸らしておきます。

今回は、牛乳多めのレシピで、
水と牛乳を、1:2の割合で手鍋にいれ、温めます。
鍋肌にふつふつと泡が出てきたら、茶葉を入れてまぜ、
火を止め、ふたをして3分半蒸らします。

ふたを開けて、茶漉しでこしながらカップへ。

牛乳の甘さと紅茶の渋みがしっかりと感じられる
こだわりロイヤルミルクティーの出来上がりです。

もちろん普通の牛乳でも美味しく淹れられますので
ご自宅で作ってみてくださいね♪



*今回のティータイムフレーバーはこちら*
アーマッドティー イングリッシュブレックファースト リーフティー 100g/200g/250g