<紅茶占い>
     
こんにちは、ティーインストラクターの前田あゆみです。

新しい年があけてちょっと落ち着いた時期。
混みあう人込みを避けて
おそまきながら神社へ初詣にいってきました。
神社のおみくじを引いて今年の運勢をみるのも楽しみの1つです。

みなさんは今年の運勢は?っていう占い
チェックするほうですか?
それとも全然気にしないほうですか?

私は気にしないまでもついつい見てしまうタイプ、、、
いいところだけをピックアップさせてもらう、という感じです。

さて、そんな占いですが、
19世紀ビクトリア時代後半から、女子の間ではやっていたものが「紅茶占い」
飲み終わったカップに残った茶殻で運勢を占うというものです。

まだティーバッグができる前、
茶葉を使ってゆったりとティータイムを楽しんでいた時代ならではの占い。
上流階級のレディからメイドさんまで
占い好きな女子たちのあいだで大流行したそう。
紅茶占い専門の占い師さんがいたり、
紅茶占い専用のティーカップがあったりしたんですよ。

良い結婚相手が見つかるか、とか、
意中の相手との相性や将来はどうなのか、とか
いろいろな女子トークに花が咲いたことでしょう。
占いの結果についておしゃべりするのも
楽しいティータイムのアクセントの一つだったんでしょうね。