10月から12月まで3回にわたって開催されました神戸紅茶教室。
2013年最終シリーズのレポートです。

秋から冬にかけて、暖かい紅茶の美味しい季節ですね。
今回のテーマは、生姜とハチミツを使ったハニージンジャーティのご紹介です。


まず、ウェルカムティには、りんご本来の爽やかでジューシーな香りがおいしい
AHMAD TEA アップルでおもてなし。
蒸らす時にフタをすることで手軽なティーバッグでも美味しく楽しんで頂けます。
(ティーポットにはティーコジー、ティーカップならお皿などで)



そしてハニージンジャーティは、お客様が実習形式で
AHMAD TEAセイロンリーフティーに生姜のスライスを入れて蒸らし、ハチミツを加えて作ります。
出来上がる頃には、お部屋中に生姜の香りが立ち上って
それだけで体が温かくなってきます。


講師の福田先生からは、
他に、すりおろしたしょうがをハチミツで炒めて使用したミルクティーと
乾燥しょうがをフルーツ系のハーブティに加えたアレンジティーのご紹介がありました。



生姜の効能は、殺菌作用、整腸作用、発汗作用などなど。。。
疲れた胃腸を整えて体を内側から温めてくれるかなり優秀ですね~

ちなみに風邪予防には生で、冷え性対策には乾燥したものが良いそうです。
また、紅茶に入れるハチミツは純粋のアカシアのものがお勧めです。
ハチミツと紅茶に含まれる成分が結合して黒っぽくなってしまうことが
ありますが、アカシアのハチミツでは比較的紅茶の色が損なわれずに
きれいに仕上がります。

今回も、沢山の皆様にご参加をいただきましてありがとうございました!
次回の紅茶教室は2014年2月開催です。
テーマは「バニラナッツミルクティー」です。
お楽しみに!