<丁寧に、リーフティー>
     
こんにちは、ティーインストラクターの前田あゆみです。

いつも手軽なティーバッグを利用しているという方も、
おうち時間が多くなった今、
あたらしい淹れ方を取り入れてみるチャンス!
茶葉からじっくり紅茶を淹れてみませんか?

まずはポットを準備。
家にある急須でもなんでも、ふた付きのものなら大体オッケーです。
でも1つ、見落としがちなのが大きさです。
ポットの中で茶葉がしっかりとお湯に浸ってジャンピングするように、
ある程度お湯の高さがほしいんです。
だから、入れる杯数によって大きさを選ぶといいですね。

さて、ポットを選んだらまずは湯通し。
少量のお湯を注いでポットを温めておくと、
茶葉の美味しさが引き立ちます。

茶葉はカップの杯数分、
スプーンで計っていれましょう。
いつも同じスプーンで計っていると
だんだん自分の好みの量がわかってきますよ。

空気をたっぷり含んだ水だと紅茶の味がまろやかになります。
だから、おすすめは汲みたての水道水。
5円玉くらいの泡がぼこぼことでてくる位にお湯が沸いたら注ぎます。
茶葉の入ったポットをやかんに近づけて
できるだけお湯の勢いが強いうちに注いでください。

蒸らし時間は茶葉の大きさや飲み方によって調整しましょう。
大きめの茶葉だと3分から5分、
細かい茶葉は2分半から3分くらいを目安に。
ストレートで飲みたいときは少し短めに、
ミルクティーで飲みたいときは少し長めにすると失敗しません。

茶葉から入れるのはちょっと面倒、と思うかもしれないですが、
やってみたらそうでもなくて
逆に、ひと手間かける楽しみを発見できるかも。
ゆっくりと茶葉がジャンピングする様子を眺めながら
豊かなティータイムを楽しんでくださいね。

*美味しい紅茶の淹れ方について、詳しくはこちら♪
http://www.ahmadtea.jp/special/enjoy/


リーフティー 各100g/200g